ウオールステッカー:鯨

「冷ややかに海と薄めるまだ降るか」(櫂未知子

昨日はよく降り、よく冷えました。秋ですね。

「冷ややかに光陰の矢をやり過ごす」(上田五千石)

パピオス出品終わり、依頼を受けていました作品作り中断しての東京行きも終わりです。雨模様の日が多く近場の展覧会が主なスケジュールの今回でしたが、特殊な和紙と刀を買い求めることが出来、帰ってからの作品作りが楽しみです。すーっと過ぎた日々はキレイに削除して、未来へと。っとドコモの 新CM第二弾見られましたか?売れないキャラ三人の将来をプロデュースに薄くも期待を膨らめようとする星あゆむこと星野源さん。話の展開がたのしみですね。渋谷の駅でみかけた画像写メってみました。またいつか作品にしますよ!乞うご期待を

f:id:masasarah:20180926094647j:plain

「突っ掛けし今朝の庭下駄冷ややかに」(門田窓城)

素足から、モフモフ靴下が重宝します季節へと。帰りましたら、触るのもひんやりするノースリーブにバミューダ―にサンダル、ひんやりシート、扇風機...と片付け,

毛布を引っ張り出さなければっと。まずは、締め切り迫る作品作りです。

f:id:masasarah:20180926095039j:plain

“Riche et pauvre, l’argent m’a fait goûter l’ennui rare et le frais désir.”

 

アニメキャラを額に入れてーおそ松さん花火大会

「炎天に脳細胞が融けてゆく」(二瓶洋子)

「山の日」の祝日からの連休ともなるともう早いもので四日目ともなると、実家帰りも早々に昨日辺りからUターンラッシュだとか。ご主人様もお疲れぐったり明日までは寝潰したいところでしょうが、そうもさせて貰えないのでしょうか。ご苦労様です。脳細胞も融けるどころか歪んでしまいかねないでしょうか。

「炎天よりドタリと手足投げる猫」(能勢京子)

昨晩のテレビ「ダーウインが来た」でやっていましたが、哀しくもキリンは爆睡どころか熟睡もできないのだそうですね。音にとても敏感なのだそうで、最新の注意を払ってキリンが寝るまでの姿を特撮していましたが、実に涙ぐましい画像でした。ゴロリとどこででも、しんどくなったら寝てしまう私としては申し訳なさで一杯でした。

「炎天をキリンの素直さ持ち歩く」(能域檀)

 

少し切絵作業の手が滞っております。以前に切ってありましたが、花火の箇所だけセロファンで色付けして額に入れて見ました。

f:id:masasarah:20170814112748j:plain

Si vous tenez à être l'ami d'une girafe, ne dites surtout pas de mal de son cou. C'est son bien le plus précieux.   Roald Dahl

 

 

 

アールヌーボー風:曲線修行③

七草を買ふ手軽さの一括り」(高橋淑子)

スーパーには正月早々から七草パックもお目見てしていて、何ともお手軽です。私も昨日買ってしまいました。298円。高いのか安いのか。少し郊外に行けば路地端に出揃いそうにも思えますが、電車代に探索を考えれば、スーパー様様です。

「末寺に七草までを休みをり」(神蔵器)

今年は元旦が日曜となり、始業式の8日が日曜日。振替休日が成人式ともなって、今年は10日始まりとなるのでしょうね。「ラッキー!」なのは、小学生まででしょうかしら。もうしばし凧上げげならぬスマホゲーム。

今朝の「折々のことば」から

「前を向いて絶望する勇気」(夏目房之介

今年ももう七日。それだけでも、ガックリ来る事があるとは、それでも背けずに明日への前進ですね。

 

エゴンシーレの膝を抱える女性の姿に合うのかどうか、背景に、アールヌーボーの絵柄を重ねようと切ってみました。

f:id:masasarah:20170107160702j:plain

La fête des sept herbes (七草節句, nanakusa no sekku) est une très ancienne coutume japonaise qui consiste à manger un kayu aux sept herbes (七草粥, nanakusa-gayu) le 7 janvier (Jinjitsu).